新聞

NEWS&RELEASE

​ニュース&リリース

スマホサイトが存在せずパソコンサイトのみのホームページはどうなるか?

最終更新: 8月18日




スマホサイトが存在せずパソコンサイトのみのホームページも、

中小企業様を中心に依然として多いと思いますが、

その場合でもまったくコンテンツがインデックスがされないなどの甚大な影響が発生するわけではないと、Googleは発表しています。 それでは、ホームページのスマホ対応を進めなくてよいのかといえば、そうではありません。


何より、モバイルフレンドリー補正による順位低下のデメリットは現在も発生し続けています。


くわえて、スマホ未対応のサイトはスマートフォンの小さな画面では見づらく、バナーボタンやリンクも指で押しづらいので、訪問者にストレスを与えて他のホームページへ逃がしてしまいます(離脱率が上昇する)。


「けど、当社は対企業向け、BtoB主体の事業だからスマートフォン対応なんて必要ないんじゃない?」という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

ですが、現在はビジネスの現場においてもスマートフォンの活用が広がっており、特に従業員100人以下の中小企業では仕事でスマートフォンを利用している割合が7割を超えています。

出典:スマートフォンの仕事での利用に関する調査結果(MCPC)

実際、初商談で訪問する前にその企業のホームページをスマホでチェックして、事業内容や地図を再確認することはよくあると思います。


Googleは今後もモバイルファースト、つまりスマートフォン検索の利便性を重視していくでしょう。

モバイルファーストインデックスはその一環です。

結論をいえば、すでに全ページをスマホ対応しているホームページではモバイルファーストインデックスをそこまで気にする必要はありません。

今後もSEOの基本どおり、訪問者の役に立つ情報をしっかりと分かりやすい文章で書き、ページを増やしていけば集客力を向上できるでしょう。


みなさんも一度、この機会に自分の会社のホームページのスマホ対応状況を見直してみてはいかがでしょうか。


次回は【MEO対策ってなに??】についての記事を投稿します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示