新聞

NEWS&RELEASE

​ニュース&リリース

Google広告のキャンペーンタイプ-検索ネットワークキャンペーン②-




Google 広告は大きく分けて5種類あり、目的に応じて使い分けられます。

広告の種類は「キャンペーンタイプ」と呼ばれます。


今回はそのうちの1つ、検索ネットワークキャンペーンについての記事を投稿します。


検索ネットワーク キャンペーンの種類と特徴

Googleの検索ページやGoogleマップ、また検索パートナー(Google検索と提携している価格.comやLivedoorやExciteなどのポータルサイト)のサイトで

検索画面に検索結果と連動して表示される広告を「検索連動型広告」と呼びます。

この検索連動型広告全体を管理するのが、検索ネットワークキャンペーンです。


検索連動型広告は以下のように分類されています。


①テキスト広告・動的検索広告・電話専用広告

②ショッピング広告

③イメージ広告・動画広告


今回は②ショッピング広告、③イメージ広告・動画広告についての記事を投稿します。



【ショッピング広告について】

ショッピング広告は、検索画面に表示される画像付きの広告です。


「革靴」「オフィスチェア」「ビルケンシュトック ボストン」など、

具体的な商品を求めて検索するユーザーに対して

画像、販売者、価格というユーザーが知りたい情報をピンポイントで提供する、ECに特化した広告です。

ショッピング広告の管理はショッピング キャンペーンで管理されるため、

詳細は後日投稿するショッピングキャンペーンの特徴とメリットでご紹介します。


イメージ広告・動画広告について】

画像や動画などを使ったイメージ広告や動画広告は、

検索パートナーの検索画面で表示される場合があります。

イメージ広告や動画広告の管理を行うのは、ディスプレイネットワークキャンペーンや動画キャンペーンが中心なので、詳細は後日そちらで説明します。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

検索ネットワーク キャンペーンの3つのメリット☆

検索ネットワーク キャンペーンを通じて広告を掲載することには、3つの大きなメリットがあります。

  1. 問題を抱えているユーザーに、解決策として販売する商品やサービスを提示できる

  2. ユーザーを自社サイトに誘導できる

  3. SEOの検索画面のトップにWebサイトを表示できる

検索するユーザーは何らかの問題を抱え、解決策を必要としています。

そのような潜在顧客にリーチするのが検索連動型広告の大きな役目です。

競合が多く、SEO対策ですぐに成果を上げにくい場合、短期間で検索上位に表示するための手段としても有効です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


以上となります。

Google広告も多様化され、目的に併せてキャンペーンタイプを精査する必要があります。

お困りの場合は是非当社までご相談ください。


#Google広告

#検索広告

0件のコメント