新聞

NEWS&RELEASE

​ニュース&リリース

Google広告の効果について、そしてGoogle広告を活用すべきメリット・デメリットとは




Google 広告に効果はあるのか?〉


Google 広告に効果はあるのか検証するため、いくつかの統計データを見てみます。


  1. Google 広告の平均クリックスルー率=約8%

  2. ディスプレイ広告の平均回数=1億8,000万回

  3. 購入意思が固まっているユーザーの有料広告クリック率=65%

  4. YouTube広告で見たことのある製品やサービスを購入している顧客の割合=43%


こちらのデータを見ると、潜在顧客層に広くアプローチできると同時に、

顕在顧客層に対しても的確にリーチできる広告媒体であり、

しっかりとした広告効果を得ることが期待できます。

広告キャンペーンとリードフローを最適化すれば、マーケティングキャンペーンで高いROIを達成できるでしょう。


Google 広告を活用すべきメリット〉


①500円から始められるフレキシブルな予算設定

②クリックごとの課金が主となるため、広告主のサイトへの訪問が発生した時だけ費用が発生する成果課金体系

③支出のオンオフが自由に切り替えられる


たとえば、テレビCMや雑誌広告は出稿を決めた時点で費用が発生し、

その効果は蓋を開けてみなければわかりません。

一方で、Google 広告は「サイト訪問」という成果に対しての課金となり、予算も非常に小さくスタートできます。

以上のデータから、Google 広告は広告主にとってメリットが大きなチャネルであることがわかります。

一方で、Google 広告にはデメリットもいくつか存在します。


Google 広告活用のデメリット〉


①検索キーワードによっては競合過多となるため、広告費用が莫大となる可能性がある

②Facebook広告等と比較すると、ターゲティング力で劣ってしまう部分がある

③キーワード選定が難しい

④表示されるテキスト広告の文字数が少なく、表現が難しい


Google 広告はテレビCMや雑誌広告と違って、クリック成果報酬で低予算から利用できるというメリットがある一方、

テレビCMや雑誌広告を打つと得られる媒体主からの「広告効果を出すためのアドバイス」が得られないというデメリットがあるということです。

逆説的に考えると、Google 広告活用のスキルを身につけることができれば、ライバルに大きく差をつける結果を生み出せる、と言えるかもしれません。


次回はGoogle 広告で成果が出ない原因と改善方法についての記事を投稿します。


#Google広告


0件のコメント