新聞

NEWS&RELEASE

​ニュース&リリース

Google 広告で成果が出ない原因と改善方法①




Googleに広告を掲載しても成果が出なかったという人も、あきらめてはいけません。

Google 広告で思ったほどの成果が出ない場合、多くの原因が考えられます。

代表的な原因をいくつか見てみましょう。


キーワードの意味が広すぎる

キーワードの設定では、リーチの範囲を微調整し、コントロールすることが不可欠です。

キーワードの意味が広すぎると、ターゲット以外のオーディエンスにも広告が表示され、

その結果クリック数が減少して広告費が増加します。

どのキーワードがクリック数を上昇させているかなど、成果につながる条件を確認して、ターゲットオーディエンスに対して最適な広告となるように調整しましょう。

広告の掲載を始めた直後は、なかなか最適な条件が見つからないものです。

見つかるまでは根気よく、キーワードの追加や削除、微調整を続けましょう。


広告の関連性が低い

広告の見出しと説明文を入札キーワードとマッチさせると共に、

その広告で宣伝するソリューションがユーザーの問題に対応できるようにすることが重要です。

最適な組み合わせを見つけると望ましい成果が得られますが、そのためには多少の微調整が必要になります。

Google 広告では1つのキャンペーンに複数の広告を設定できるので、

A/Bテストを実施して、最も効果の大きい広告を見極めることができます。


品質スコアが低い

広告の品質スコアは、Googleが広告ランクを決定する際の判断材料となります。

広告ランクが高くなるほど広告が掲載される場所も良くなります。品質スコアが低い広告はユーザーの目に触れる機会が減り、コンバージョンの機会も減少します。

品質スコアはGoogleから開示されるもので、これが改善するかどうかは広告主の努力次第となります。


今回は考えうる7つの原因のうち3つをご紹介しました。

手順に則った形で設定が完了できれば効果を最大限に発揮しますが、

専門的な内容も多く、お困りの方も多くいらっしゃるかと思います。

当社では広告クリエイティヴ制作からセッティングまでを一括管理させて頂きます。

Google広告をご検討中のお客様は是非当社mでお問い合わせ下さい。


#Google広告

#ディスプレイ広告

#検索広告

#ショッピング広告

#動画広告






0件のコメント